『窮屈なルールでの戦い』

もはや国難の域に入っていきそうなコロナウィルスの爆発的感染が、様々な経済に影響を与えている。人が集まるイベントが開催中止の流れになれば、私のビジネスも同類項である。案の定、講演会のキャンセル連絡が何本か入ってきた。昨年は台風で沢山のキャンセルを食らい、この商売を始めてから史上最低の本数だった。そして今年は持ち直したかと思いきや今度はコロ…

続きを読むread more

『人にうつさない目的と、自分だけはうつりたくない目的』

コロナウィルスの影響でドラッグストアではマスクが品切れ状態らしい。そして新たに入荷されるや否や多くの人が群がり、ものの数分間で売り切れるニュースを見ていると、その購買動機はどちらなのだろうと考える。 直接インタビューしたわけではないが、おそらく9割以上の人が「自分だけはうつりたくない人」のように見える。「人にうつしては申し訳ない」と思…

続きを読むread more

『無料で使えるトレーニング機器』

以前このブログで書いた「階段があればラッキーと思え!」、これを合言葉として駅に向かう。そうすると結構あるのが、無料で使えるトレーニング機器である階段の存在だ。 駅ホームでエスカレーターではなく階段を使おうと決めたきっかけは、近所に住むお婆さんの姿だった。会えば挨拶する程度なので詳しいプロフィールは分からんが、近くの公園でゲートボー…

続きを読むread more

『映画の台詞で強固になる我が信条』

自由業の我儘で、映画を観るのは決まって平日の昼間にしている。土日は愛犬とベッタリ過ごすと決めているし、パーソナルスペースが人より敏感な私は前後左右が空席でないと快適に観れないからだ。必然的に土日より空いている平日の昼間に映画館へ足を運ぶことになる。 基本的に邦画しか観ないのだが、大好きな森脇健児がラジオで語っていたものだから1,8…

続きを読むread more

『ここ数年の涙もろさに自分でも驚く』

邦画を観て感動する事は昔から多々あったが、涙を流すまではそうそう頻繁にはなかった。しかし年齢を重ねるにつれ、ちょっとした事で感動し、あっという間に感涙に至る。特に2016年から愛犬と過ごすようになって、心の奥底に元々内在していた`生き物に対する愛情’が発露したのか、感涙のハードルがますます下がっている。 そんな中、大好きな上沼さん…

続きを読むread more

『詐欺商法は雨後の筍のごとく』

時代が令和になっても、昭和から続く投資型詐欺は無くならない。誰がどう見ても破綻するシステムなのに、金の魔力に支配されてコツコツ貯めた大切なお金をブチ込んでしまう人間心理は、時代の変化は関係なく過去から連綿と続く。そして今後も、雨後の筍のごとく現れては消え、立ち上げては逮捕され、騙す側と騙される側が誕生する、この悪魔の連鎖は永遠に繰り返さ…

続きを読むread more

『引退宣言から現役続行』

「私にはもう商品価値がないのかも知れない・・・」と昨年12月に『キャリア・ロー』で書いた。そして2年連続でオファーが100本を下回れば潔く引退すると書いた。 実はあの記事を書いた翌日から、かなりのオファーを頂いた。そして結論から言えば2020年12月末まで既に50本ほどスケジュールが埋まっているので、この調子でいけば今年は100本越え…

続きを読むread more

『4本目の親知らず』

人体に無駄な部位は一切無しと言われるが、奥歯のさらに奥に4本生えてくる親知らずだけは無い方が何かと都合良いらしい。振り返れば最初の一本目を抜歯したのが20歳の頃、この時は○○大学病院で実験台にされて酷いダメージを負った。詳しくは過去記事『医療ミス』に譲るが、インターン大学生のボンが焦りに焦りまくって失敗し、私の頬を縫合手術するまでの事故…

続きを読むread more

『キャリア・ロー』

「キャリア・ハイ」の反対語は「キャリア・ロー」でよいのだろうか?まぁ意味合いは、史上最低の成績だったということだ。 以前書いたように、この商売を始めて20数年間で2017年にキャリアハイを記録させて頂いた。あの時は充実していた。そしてその余波からか2018年には人気講師ランキングで第3位を頂戴した。あの時は嬉しかった。 決して驕…

続きを読むread more

『また一つ、親の役目終了』

息子が結婚した。同い年の可愛いお嬢さんとの良縁を頂いた。実の娘同様、私にとって本当に愛しい存在だ。よくぞ私の息子を愛してくれ、大切な人生を懸けてくれたと感謝感激である。どこの親子でもそうだろうが、振り返ればひとつずつの節目を親子で乗り越えてきた。子育て道中は楽しくもあり苦しくもあるが、進学・就職・結婚というのはその中でも人生のターニング…

続きを読むread more