研修講師〜『浦上俊司の感謝ブログ』

アクセスカウンタ

zoom RSS 『スポーツ観戦とストレスの関係』

<<   作成日時 : 2017/07/11 10:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

この時期は大好きな相撲観戦が続く。興味ない人からすると‘また相撲やってんのか’となるだろうが、我々好角家からすれば奇数月は待ちに待ったお楽しみ月なのだ。

そんな中、相撲を観る時とプロ野球を観る時ではストレスの度合いが相当違うことに気付く。前者はほぼノーストレスで楽しめるが、後者は血圧が異常値を示すんちゃうかと危惧するほどストレスが溜まる。いや、阪神がボロ勝ちしてくれたらスカーッとするのだが、巨人に負けると関西人DNAが細胞レベルで暴動を起こしそうになる。ところが相撲は、どの力士が勝っても負けても楽しめる。この心理を俯瞰で見てみると正解が出た。

それは、相撲取り全力士の中で嫌いな力士が一人もいない、しかしプロ野球は、阪神の選手は全選手好きだが巨人の選手は全選手嫌いというシンプルな感情が原因だ。これは関西人なら共感頂けると思うが、他球団にいた時は好きだったのに巨人にFAで来た瞬間から嫌いになる。

そしてもう一つは、相撲観戦時は勝敗よりも相撲内容が良ければ満足で、相撲界全体が盛り上がれば嬉しいとの広い視野で楽しんでいる。しかしプロ野球観戦時は野球界全体の発展よりも、とにかく阪神が勝って巨人が負ければいいという狭い視野でエキサイトしている。

やる側は真剣勝負、観る側は娯楽。だからスポーツ観戦はクセになる。

ありがとうございます、感謝。場所ごとに注目力士が目まぐるしく入れ替わる相撲界勢力図。
ありがとうございます、感謝。金本監督矢野コーチの笑顔が見れるだけで嬉しくなる阪神勝利の図。
ありがとうございます、感謝。勝手な言い分と勝手な観方が許される娯楽としてのスポーツ観戦。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『スポーツ観戦とストレスの関係』 研修講師〜『浦上俊司の感謝ブログ』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる