アクセスカウンタ

研修講師〜『浦上俊司の感謝ブログ』

プロフィール

ブログ名
研修講師〜『浦上俊司の感謝ブログ』
ブログ紹介
研修(セミナー)講師という天職に燃えている54歳の感謝日記です。
人生は楽しい事と辛い事の繰り返し、まさに‘あざなえる縄の如し’ですが、辛い事が起これば感謝し楽しい事が起これば謙虚になる、そうすればきっと穏やかで豊かな心で生きていけるはずです。
どんな出来事からも最低3つは感謝の意味付けを見い出す感謝道、どんな外的刺激を受けても脳細胞の回路を感謝に繋げる感謝道をお伝えするブログです。

【浦上俊司への研修ご依頼はコチラから】
※いつでもご遠慮なくお問合わせ下さいませ。年中無休24時間営業でございます!

【受講生の方々からの『声』はコチラから】

【浦上俊司のセミナー風景@(3分05秒)はコチラから】

【浦上俊司のセミナー風景A(1分02秒)はコチラから】

【浦上俊司の著書@(『仕事がデキると言われている人が必ずおさえている新規開拓営業の鉄則』)はコチラから】

【浦上俊司の著書A(『ストーリーでよくわかる!新規開拓営業の鉄則』)はコチラから】

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
『私にはハードルの高い採用面接官のお仕事』
とある営業会社の各支店行脚が終わった。長いようだったが振り返るとあっという間に終了したようにも感じる。 各支店に赴き昼から90分講演をして、いつもならこれで「お疲れさまでした〜。ありがとうございます」と帰るのだが、今回の企画はセミナー後に受講生の中から4人を選抜し別室で私と個別面談を実施するというものだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/05/16 23:33
『仕事を趣味化する』
「仕事が趣味で趣味が仕事で生きてます」と公言して独立から23年が経った。いつ途切れるか分からぬオファーも、なんとか継続して現在に至っているので、仕事が無くて喰えないという惨めさはない。 遊びの趣味はほぼなく、相撲とプロ野球くらいのものなので、休日に金と時間を突っ込んで没頭する遊びがなかった習性が功を奏したのかも知れない。結果として仕事を趣味化することになった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/04/27 13:47
『新入社員研修・・・、えらい時代になったもんや』
長かった新入社員研修の連続登壇がやっと終わった。これで本来の営業マン研修の日々に戻れる。やはり私が燃えるのは人生経験を積んだオッサン相手の営業マン研修であって、新入社員研修は年齢差を感じてどうもやりにくい。受講生が我が子より年下になった時点で区切りを付けようとしていたのだが、有り難いことにご指名を頂ければ断るわけにはいかない。それは芸人としてのポリシーに反するからだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/04/13 16:43
『電化製品を大満足で買うか、そこそこ満足で買うか』
電化製品を買いに行った。具体的には洗濯機と掃除機とドライヤーだ。もちろん私の坊主頭にドライヤーは無縁である。しかしニーズがあるので買いに行った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/25 10:12
『このブログに関するお知らせ』
近所のスーパーのイートインコーナーは便利だった。少し休憩するにも良し、買ったものをすぐに味見するにも良し、ヒューマンウォッチングするにも良し、私にとっては重宝していた場所なのだが、先日このコーナーが閉鎖されていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/13 08:47
『悲しき別れを経験して・・・』
最近は愛犬を見ていて頓に感じることがある。それは、‘こいつを産んでくれた母親は今も元気で機嫌よく暮らしているのだろうか・・・?’である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/02 09:09
『最後は水に行き着く』
我々はオギャーと生まれてから乳で育つ。私は粉ミルクではなく母乳で育ったと後年に聞いた。 やがて成長し小学生くらいからの飲み物は、乳からジュースに変わった。人工甘味料で味付けられた魅惑の味は幼い舌を虜にした。 中学生くらいになるとそれはコカ・コーラに変化する。少し大人の味がして、背伸びしたかった青春の象徴とも言える。 大学生になるとそれはビールに取って代わる。キリンクラシックラガーの深いコクのある苦みは私を捉えて離さず、冬の朝からでもビールを美味しく体に入れた。 その後、バーボンロックを気... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/19 12:46
『起業家たちよ、又どこかで会おう!』
営業マン研修の受講生は、ほとんどがどこかの企業に所属するサラリーマンが多い。 しかし昨年夏から月1回ペースの全6回シリーズ研修は受講生全員が起業家だった。みな自分の好きな道を職業とし、みな自分の得意分野で生計を立てるという過酷な道を選んだ戦士たちだ。私と同じく固定給もなければ何の保証もない中で勝負している受講生ばかりなので、真剣な眼差しで参加してくれた。少数精鋭クラスで運営したのも良かったし、3回目は人里離れた施設で1泊2日合宿を入れたのも良かった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/10 11:08
『セミナー終了後に・・・』
この年齢になると、ほとんどの事は経験済みである。 しかしこの商売を始めて20数年、先日54歳にして初めての経験をした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/01 17:11
『振り子の原理を実感した』
やっと私の元へ帰って来てくれた。ほんまに長く感じたこの40日間だった。 昨年12月、家人が私の愛車で事故を起こし修理に出したところ、素人考えでは1週間くらいだと高を括っていた。年内には充分間に合うだろうと甘く見ていた。 しかし修理担当者が言うには、ドイツからパーツを取り寄せないといけない上に、ミリ波レーダーの調整に専門技術が要るらしく、なんやかんやで年越しになるとの返答だった。 そして結果として40日間を要し、やっと完璧な状態に直ってウチの駐車場に帰って来てくれたのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/01/22 15:29
『プライドという厄介な魔物』
ここ数日は平穏な心の状態をキープしているのには理由がある。 それは、年末から年始にかけて、感情のイライラはどこからやって来て、どうすればどこかへ去って行くのだろうと内なる自分との会話を繰り返したからだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/01/12 04:27
『再生巨流』
健康な身体と平穏な心の状態で2018年が始まった。本番は来週からなので時間はたっぷりある。ゆえに例のごとく邦画三昧の1月上旬である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/01/10 14:36
『ありがとうございます、2017年』
充実した2017年が終わろうとしている。感謝道のお蔭か幸せの基準である6ジャンルで大きなトラブルもなく及第点で年を納めることができそうだ。なんといっても今年は独立22年目にして本番数が最も多かった。それに伴い年収も最高値を記録した。アスリート風に言うならばキャリアハイというところか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/22 12:22
『20年数前の記憶がグングン蘇った2時間の快適空間』
娘の軽四のキズ直しのため、姫路の板金屋へ行った。 ここの社長は年齢は若いが腕が立つ。そして腰も低くソフトな接客をし、男でも惚れてしまうようなイケメンだ。数年前に初めて彼に会った時、ウエンツ瑛士が作業着に身を包んでいるのかと錯覚したほどだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/09 20:09
『掛け算と足し算』
営業パーソン研修でまず冒頭に伝えるのが、「成果=マインド×スキル×人柄」の方程式だ。 心構えと商談技術、そして表情と喋り方が全て100点満点で初めて成果が出る。掛け算なので、どれか一つでも0点ならば成果も0点になるのが営業のシビアな現実である。しかし足し算もあるのが営業の奥深い現実である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/30 10:05
『しばらくゆっくりしてみよう』
このブログは私の全くの私見であり、誰かに読んでもらうことを前提とはしていない。文章を書くのが幼い頃から好きだったので、その趣味が高じてブログという形になっただけだ。 しかし『研修講師の〜』と謳っているものだから仕事関係の方々の目にも留まる。 その結果、「この講師にオファーを出そう」と思って頂いたクライアントもあったし、反対に「こんな講師には頼むまい」とキャンセルになった案件もあった。私自身はそれもこれも全てご縁だと思うので気にはしていない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2017/11/08 22:29
『深い睡眠と長い呼吸』
質の高い睡眠を取った朝は、起きた瞬間からモチベーションが高くなる。 ‘さぁ!今日もやるぞ!ええ仕事をするぞ!ガッツリ稼ぐぞ!’と高揚した気分になる。一緒に寝ている愛犬さえもなんとなく元気に見える。布団の中で「○〇(愛犬の名前)、おはよう」と声をかけると気持ちよさそうに伸びをする。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/27 18:47
『当たり前と思った瞬間から戻るべき場所がある』
改めて感謝道の原点に立つ時期だと思うのが、仕事のオファーがあるのが当たり前と思ってはいけないとの引き締めだ。そもそも我々個人事業のピン芸人は毎日が崖っぷちで、いつ食えなくなるか分からないのだ。たまたま今は正直言ってサラリーマン以上の収入はあるが人生は長い。最終的に(年金も含め)生涯で得る金額はどっちが上か分からないのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/21 17:15
『真相が分からないものは詮索しない』
一昔前は暇さえあれば本屋に立ち寄っていたが、最近はそれがめっきり減った。世の流れに飲み込まれ、スマホに侵食されてしまったからだ。アマゾンプライムをはじめとする動画環境がここまで面白ければ、自然と本離れに繋がる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/17 08:05
『楽〜な生き方』
人は誰しも、‘聞いた言葉より喋った言葉の方が記憶に残る’脳の特性があると研修でいつも言っている。だから営業マンは商談中、自らが有利な展開になる言葉をお客様に喋らせるのが大切である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/11 08:44
『秘密兵器にもなり得る商談テクニック』
懇意にしているエージェントさんと一緒に考案中の研修コンテンツが、『切り返しの技術』である。例えば、「表現が大袈裟ですね」と言われれば「それくらい驚いたということです」と切り返す。「性格があっさりしてますね」と言われれば「気持ちの切り替えが早い方だと言われます」と切り返すといった具合だ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/08 08:41
『ひよっこロス Part.2』
ペットを飼った人がみな経験するのが、犬であれ猫であれ、鳥であれウサギであれ、先立たれるという悲しい経験である。私はまだだが、いずれこの10〜15年の間には味わうだろう。それを今から妄想するだけで、どこでも泣ける。ベテラン女優顔負けの瞬間スイッチで、どこでも誰の前でも泣く自信がある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/06 06:51
『ひよっこロス』
空は秋晴れになりスーツを着て仕事をしても不快感が減ってきたのだが心は曇り空、いやそれどころか寂しい涙雨がシトシト降っている。 半年間ずーっと見てきた、いや一緒に生活してきた『ひよっこ』が終わったからだ。録画して毎日2回は見てきた。単にストーリーを追うだけでなく、演者の細かい表情の変化やセリフの間(ま)の作り方、人物の背景にある大道具のセッティングまでマニアックに見ていた(観察していた)のだから、それが終わるとなると生活リズムの一部が欠落したかのような寂寥感に支配されるのも無理はなかろう。 ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/30 08:50
『愛犬の脱走劇』
基本的には朝晩の散歩は私が連れて行く。基本的には朝御飯は私がやる。基本的には私の腕枕で朝までグッスリ眠る。 そんな愛犬とのべったりな生活であるが、なにぶん全国一人旅のピン芸人ゆえ出張中は家人の誰かが散歩に行き、誰かが朝晩の御飯をやっている。いずれにせよ大人4人がベタベタに可愛がっているので、犬としては誠に幸せな環境に縁があったのだと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/27 21:38
『その番付での相撲になる、そのギャラでの講師になる』
趣味の一つであり、生き方の指南書であり、仕事の姿勢への教科書である相撲観戦が続く。 この秋場所は‘秋風場所’と揶揄されるほど寂しい場所で休場者続出であるが、逆に誰が優勝するか分からないエキサイティングな場所とも言える。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/18 16:32
『どうせ誰も見てないのになぁ・・・』
秋冬物のスーツとシャツをオーダーしに仕立て屋に行った。いつものごとく生地の選択から始まり、全身くまなく採寸してくれる。そして裏地の色を決めたり、ボタンを選んだり、糸の色まで指定する。シャツのネームは腕に入れるか袖に入れるか、ダブルカフスにするか、襟はワイドかボタンダウンか、綿密に打ち合わせてくれる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2017/09/11 09:10
『どんな受講生でもやり切らねば!』
ちょっと自惚れていたのかなぁ〜と猛省する。 ここ数ヶ月はどの会場に行っても受講生の反応が素晴らしく、目を輝かせながら頷いて、熱心にメモを取りながら傾聴して下さる受講生ばかりだった。更にオファーはどんどん増えるし、ギャラもうなぎ登りでアップするものだから、大した実力もないのに‘俺の研修は凄い価値があるのだ’と勘違いしていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/02 12:19
『ヒゲとハゲ』
仕事で知り合った女性に、「浦上さん、前回お会いした時より少しふっくらされましたか?」と聞かれた。 私はいつもの返しで、「いや体重は高校時代からあんまり変わってませんが、髪の毛だけは年々減る一方ですわ」と言った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/24 19:59
『69歳からの生き方』
69歳で引退して、死ぬ予定まで10年間の残り人生をどう生きるか考える。 容姿は見るも無残に老いさらばえているだろうから、舞台に立って喋るのは勿論無理だと自覚している。汚いジジイが人様の前に立つのは受講生に失礼だろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/19 09:16
『新ネタ、生みの苦しみ』
モチベーションアップの法則は、その1〜その9まで作って止まっている。しかし放置しているわけでもないし、これで完成形だと慢心しているわけでもない。日々進化しようと考えているのだが、ギャラを貰って研修メニューとして受講生に提供する品質にまで至っていないということだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/14 20:09
『採用基準を変えれば企業体質も変わる』
相変わらず時刻表通りには動かないJR西のルーズな体質には迷惑を掛けられっぱなしだが、社員の採用基準を見直してはどうだろうか?実際にはどんな人材を欲しがっているのかは聞いたことないし面接も見たことないので実情は分からない。しかし毎日のようにJR西を利用している我々からすると、社員を見ているとなんとなく分かるのだ、今の採用基準が間違っていることが。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/10 20:13
『ゼリア新薬研修に思う』
ゼリア新薬に勤めていた男性が、研修後に自殺したらしい。研修中に相当強い心理的負荷があって、それが原因で統合失調症を起こし、自殺に至ったとネットニュースには記されている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/08 20:24
『優先順位を勘違いしたらアカン』
大手食品メーカーの営業マン研修を長年お手伝いしているものだから、スーパーのバイヤーをいかにして攻略するかを日々熟考している。しかし最も大切なことは、スーパーに買い物に来て下さるエンドユーザーをどのようにして喜ばせるかだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/04 06:23
『魂だけは広島カープに売っとらんぞッ!』
私の仕事は研修や講演が本業なのだが、そこから派生する仕事も当然ある。 それは、営業マン研修を主戦場としている講師ゆえ、受講生と一緒に実際の営業現場に出る‘営業同行’という仕事である。私と受講生2人一組でお客様宅訪問をする。お客様には私の身分は隠して、中途採用で転職してきた新人のオッサンという設定にしている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/29 09:05
『みね子の言葉に激しく共感した朝』
『ひよっこ』にハマる日々が続いているが、いよいよみね子も二十歳となり人並みに恋愛をスタートした。自分が二十歳の頃と重ね合わせ、甘酸っぱい感情や胸が締め付けられるような切なさを追体験させてもらっている。 そんな中、今朝、月時計で島谷さんと繰り広げられたシーンに音を立てて心が共鳴した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/24 10:26
『たかが名刺入れ、されど名刺入れ』
25歳から3年間は一部上場企業に籍を置いていた。不安定なピン芸人である今から思えば、仕事せんでも固定給が自動的に振り込まれる超安定企業でのぬるま湯生活だった。仕事に対する姿勢は腐りきっていた私だが、大阪の営業チームのメンバーは全員大好きだった。その中でも特に、4月から配属されてきた新入社員を可愛がっていた。私が憧れて憧れて行けなかった関学出身ということもあり、まるで弟のように可愛がった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/20 08:36
『知足の精神がモチベーションを上げる』
モチベーションアップ研修のコンテンツの一つに「ツキ発見能力の法則」がある。自分がオギャーと生まれてから今までの人生で、ツイてたなぁ〜と思う出来事をリストアップする。どんな細かいラッキーでも良い。商店街の福引で赤玉が出たとか、車で信号待ちせずノンストップで青信号が続いたとか、電車の中で立っていると偶然にも自分の前の席だけが空いて座れたとか、探せば何でもある。受講生のワークを見ていると、九死に一生スペシャルも多い。私も一緒にやって沢山のツイてた出来事をリストアップし、‘あぁ、俺の人生も捨てたもんじゃ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/15 08:35
『隙を見せれば負けを呼び、必死さが勝ちを呼ぶ』
以前から書いているように、相撲観戦は学びの宝庫である。ただ贔屓力士が勝った負けたと一喜一憂するのではなく、15日間を通して全力士の心と技と体の推移を観察する。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/12 07:55
『スポーツ観戦とストレスの関係』
この時期は大好きな相撲観戦が続く。興味ない人からすると‘また相撲やってんのか’となるだろうが、我々好角家からすれば奇数月は待ちに待ったお楽しみ月なのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/11 10:37
『受講生の量と質で引き出される講師の潜在能力』
講演だと何人でも大丈夫だ。10人でも100人でも1000人でも一方通行で90分間喋り続けるだけなので、孤独なマウンドに上がり9回裏まで完投ペースで仕事をするだけだ。 しかし研修となるとグループディスカッションがあり、作成した模造紙の発表があり、受講生の答えに対し私が絡んでいくという双方向性の空間を作らねばならない。実際に受講生も、講義を聞く時より自分の意見を言っている時の方がイキイキしている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/08 22:53
『なぜ世界でいま、「ハゲ」がクールなのか』(福本容子 著)
本屋をブラついていたところ、タイトルが目に飛び込んできたものだから、薄毛坊主のヘアスタイルを貫いている私としては思わず手に取った。そして表紙にも惹き付けるフレーズが書いてあり、‘スッキリがカッコいい!若く見えると話題沸騰!欧米一流紙、ファッション誌が激賞。カリスマCEOからイカした政治家、スターまで、ボウズスタイルが世界をリードする’。 これは買わなあかんやろ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/27 17:19
『なんでも人任せにしたらあかんなぁ〜』
先日は岐阜の県民共済さまでの営業セミナーだった。 会場はJR岐阜駅からタクシーで15〜20分くらいの県民共済ビルとのことで、事前にエージェントさんからは「駅前でタクシー拾って‘県民共済ビル’と言えば大丈夫です」と伝えられていた。 新幹線を名古屋で降りて、在来線に乗り換えて岐阜駅へ。意外と大きな駅だったので、タクシー乗り場には行列があったものの次々とやって来たので2〜3分待っただけですぐに乗れた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/25 09:22
『慣性の法則は真理なり』
確か高校時代の物理で習ったはずだが、慣性の法則というのがあったと記憶する。難しい理論は皆目覚えていないが、‘等速直線運動’という単語に妙なインパクトを感じた17歳の青春だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/23 13:48
『クセが凄いんじゃ』
思わず千鳥ノブになってしまうのだ。口に含んだ瞬間‘クセが凄いんじゃ’と呟いてしまう。今まで経験したことのない味覚である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/20 08:44
『イケメン vs 不細工』
以前から書いているように、人は誰しも不平等に生まれてくる。人は誰しも自分の容姿と両親を選べない。産み落とされた土地も本人に選択の余地はない。特に顔だけはどうしようもない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/06/12 15:40
『ギガが減る』
我々ピン芸人の収入は実に不安定で、月によっては目が飛び出るほど高額ギャラが振り込まれている時もあれば、バイトの兄ちゃん以下の月もある。まぁ、ボーナスが無いゆえ年収で勝負する人生なので月収の変動は致し方ない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/09 07:05
『嫌煙家が発想する禁煙達成法』
全てゼロか100かの二択しかない完璧主義は自らを追い込む結果になってしまう。その思考方法は精神にも肉体にもプラス面の影響は少ないものだ。 だから、目の前の少しずつをクリアしていくだけで充分OKと考える。その継続と積み上げが自らを自己肯定感に導き、そしてふと振り返ると完璧に達成されているものだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/07 07:23
『あらためて思う感謝道の素晴らしさ』
自分一人で勝手に作って、自分一人で孤独に実践して、自分一人で満足していれば世話ないか。しかし書きたくなるのだ、感謝道の凄さを。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/04 08:14
『どうしても説教臭くなってしまうオッサンからのメッセージ』
もう歳の差がエグイほど離れてるんやから新入社員研修は引退させて欲しいのだが、どうしてもとご指名を頂けば受けてしまうのがピン芸人の性(さが)である。そして4月に実施した新入社員研修の受講生に向けて、この時期に講師からの激励メッセージを送って欲しいとのオファーがあった。受講生全員に一斉送信するとのこと。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/01 05:59
『心のコントロールと肉体の末端神経の関係』
以前このブログで、‘心は脳にだけ宿るのではなく、全身の細胞に宿っているのではないか’との仮説を書いた。それは指先の神経にまで宿っているのだと想像するのは、ここ数試合の藤浪のピッチングだ。ここ数番の高安の取り組みだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/05/28 08:30

続きを見る

トップへ

月別リンク

研修講師〜『浦上俊司の感謝ブログ』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる