研修講師〜『浦上俊司の感謝ブログ』

アクセスカウンタ

zoom RSS 『なんでも人任せにしたらあかんなぁ〜』

<<   作成日時 : 2017/06/25 09:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日は岐阜の県民共済さまでの営業セミナーだった。
会場はJR岐阜駅からタクシーで15〜20分くらいの県民共済ビルとのことで、事前にエージェントさんからは「駅前でタクシー拾って‘県民共済ビル’と言えば大丈夫です」と伝えられていた。
新幹線を名古屋で降りて、在来線に乗り換えて岐阜駅へ。意外と大きな駅だったので、タクシー乗り場には行列があったものの次々とやって来たので2〜3分待っただけですぐに乗れた。

どのタクシーに乗るかは全くの偶然で、たまたま来た車に乗るしかない。
私の前に並んでいた乗客は有名なタクシー会社の車に乗り、私の前にスーッと入ってきたのは個人タクシーだった。
まぁ、個人であれ会社であれそんなことは大した問題ではない。どちらも二種免許を持ったプロドライバーであることに変わりはない。

乗り込んで、「県民共済ビルまでお願いします」と私。
運ちゃんは、「・・・」と少しの間(ま)
もう一度私が行き先を言うとやっと、「あぁ・・・。〇〇町やね」と言うので、町名まで知らない私は適当に相槌を打った
どうも会話のキャッチボールのテンポが遅い。いや反応が鈍いとでも言おうか。だから斜め後ろから運ちゃんの横顔を観察した。マスクをしていたので皴の刻まれ方は正確には判断しかねたが、冷静に見積もって80歳オーバーではないかと察する。タクシー会社には当然採用されない年齢であることは確実だ。

走り始めると案の定、‘これは自転車かッ?!’と思うかのようなノロノロ運転だ。
まぁ、安全運転なのだと好意的に解釈して運ちゃんに任せる。

爆笑しそうになるのを堪えるに必死だったのが運転姿勢で、シートを一番前までグッと出し、まるで初心者マークの主婦が軽四に乗る時の姿勢のように両手でハンドルを握りしめている。
まぁ、これも安全運転なのだと好意的に解釈して運ちゃんに任せる。

15分後、「お客さん、着きましたで」と言われ、目の前に飛び込んできたのが全共済ビルだった。
私が「全共済ちゃいますやん。県民共済でっせ」と言うと、運ちゃんは独特の鈍い間(ま)の後、「あぁ、すんません。なんとか共済言わはったから・・・」。
「あかんあかん。本番に間に合わんがな。料金はなんぼ掛かってもええから、はよ行き直して」と私。

そこから岐阜市内をグルグルグルグル回ること15分。延々と探し回った挙句、運ちゃんは路肩に停め私に一言。「お客さん、すんません。分かりませんわ〜」と言った。
「ナビ入れてよ!」・・・と言おうかとしたが、この運ちゃん個人所有のタクシーには当然のごとく付いてない。

結局、そこからクライアント様に電話をし、現在位置から電話で誘導して頂いてギリギリ間に合った。
到着時、運ちゃんに「領収書ちょーだい」と言うと、「はい〜」とくれたのが手書きの領収書だった。最近ではほとんどが自動でプリントアウトされる経験しかなかったので、手書き領収書に妙〜な懐かしさと昭和の香りを嗅いだ出来事だった。

なんでも人任せにせず、事前にググるなど最終確認は自分でせなあかんとの教訓を得た。

ありがとうございます、感謝。プロドライバーとしては失格だったが、なんか憎めなかったお爺ちゃん運転手。
ありがとうございます、感謝。この商売初の本番に間に合わず穴開けの事態かと焦ったが、自らの交通運最強説を証明することになった出来事。
ありがとうございます、感謝。ドタバタの中で始まったセミナーだったが、温かい態度で受講して下さった70名強の営業パーソンたち。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『なんでも人任せにしたらあかんなぁ〜』 研修講師〜『浦上俊司の感謝ブログ』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる