研修講師〜『浦上俊司の感謝ブログ』

アクセスカウンタ

zoom RSS 『変更可能な運命と変更不可の宿命』

<<   作成日時 : 2017/02/04 16:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本には腰痛持ちが多い。そしてその予防法たるや、情報が多過ぎて何が正解かサッパリ分からない。スクワットをして大腿筋を鍛えるのを推奨する説がある一方で、スクワットは余計に腰痛を悪化させるという説もある。そして両方とも医者が科学的根拠を持って唱えているから更に厄介だ。素人は何を信じて判断すればいいのやら。

一日10,000歩のウォーキングが健康長寿の秘訣と叫ばれてきたが、それを愚直なまでに習慣化したは現在82歳で膝がボロボロになり一人では歩けないほどだ。幸い自転車は乗れるので介護の問題にまでは発展していないが、もう旅行などは無理な身体になっている。

薄毛治療についても、これまた真逆説がわんさか溢れている。色々と信じて取り組んだ私も今や完全に禿げてスキンヘッドである。(ちなみに私はスキンヘッドではなく‘ベリーショート’だと言ってささやかな抵抗をしているが・・・)

ダイエットにしても同じだ。何が正しいやり方なのか何が逆効果になるのか本当のところは分からない。書籍に至っては特設コーナーが出来るほど様々な説が真逆でまかり通っている。

宗教の世界でも、救われた奇跡体験もあれば、神仏の力及ばず残念な結果という話もわんさかある。

結局のところ、全て受け入れるしかないのだ。願うべき状態を求めてあらゆる努力をすることは美しい姿勢だろうが、その結果はその人の宿命と受け入れるしかないのだ。
結局のところ、何をやっても何をやらなくても腰痛になる時はなるし、ならない時はならない。ウォーキングで健康になる人はなるし、ならない人はならない。どんなチャレンジをしても禿げる人は禿げるし、禿げない人は年老いてもビッシリ生えたままである。何を喰っても太る人は太るし、好きな物を好きなだけ喰ってもスリムな人はいつまでも体形を維持している。宗教で救われる人もいれば、期待したほどの劇的変化は起こらない人もいる。

宿命の声を聴きながら抗えないものは潔く受け入れ、運命で変更可能なものは過剰な期待をせず努力するというのが賢明な生き方になるのだと思う。

ありがとうございます、感謝。宿命は逆立ちしても勝てないとの受け入れが始まりつつある53歳の今。
ありがとうございます、感謝。運命は変更可能だと実感させてくれる感謝道の実践
ありがとうございます、感謝。事象の全ては、しょせん死ぬまでの我慢と思えば新たに起こる価値観変化。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『変更可能な運命と変更不可の宿命』 研修講師〜『浦上俊司の感謝ブログ』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる