研修講師〜『浦上俊司の感謝ブログ』

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ギャラ』

<<   作成日時 : 2006/02/11 06:56   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

「浦上さん、この日は空いてますか?」と私の携帯かPCに入ってくるありがたいオファーの数々。
私は‘スーツを着た日雇い人夫’なので手帳が仕事で埋まっていくのが何よりの喜びだ。
手帳が白紙という事は収入がゼロを意味する。
オファーが入るたび、こんな自分でも世の中から必要とされて仕事があるという現実に感謝が深まる瞬間だ。

案件によって講師料は様々だ。
いや、講師料と言うより‘ギャラ’という響きの方が好きなので、そう表現しよう。
やはり‘講師’より‘芸人’にアイデンティティを抱いてしまう私。
‘先生’と呼ばれるより‘兄さん’と呼ばれる方が嬉しい私。
‘研修当日’よりも‘出番’の方が燃えてしまう私。

ギャラの基準は一応決めているが、その時々で応相談というのが実情で、クライアント様とのリレーションによっては少々の無理をしてでもお請けする。

中には一日研修で‘シラけてしまうほどの格安ギャラ’もあれば、1・5時間の講演で‘目玉が飛び出すほどありがたい高額ギャラ’もある。
金で動いちゃイカンと理性脳では分かりながらも、本能脳では後者の案件を優先してしまう。
身体はひとつ。出来れば両方ともお請けしたいのは山々なのだが・・・。

1億円の現金貯金達成までは肉体を粉にして働くつもりだ

ありがとうございます、感謝。同じ日にオファーが重なる贅沢な悩み。
ありがとうございます、感謝。好きな仕事で好きな仲間と一緒に作っていける人生。
ありがとうございます、感謝。芸の道具である‘声’が今日もちゃんと出る健康。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
私のサラリーマン時代の話ですが研修で日本全国飛びまわっていたんで社内では「旅芸人」と呼ばれていました。実は結構気に入っていたりします。
ちなみに今は置屋のオヤジですかね・・・
聖解
2006/02/14 11:50
聖解さん、コメントありがとうございます。
そうですか、聖解さんも全国一人旅の人種でしたか・・・。
私は人からよく「全国色々な所へ行けていいですね〜。ご当地のグルメなど詳しくなるでしょう?」と言われますが、実は研修終了後の夜は次の土地へ移動していますので、ほとんど‘土地を味わう’事ってないんですよね。それどころか研修会場に入ってしまえば‘あれ?ここは何処やったかな?’と分からなくなる事も、しばしばです。
浦上俊司
2006/02/14 23:01
そうですね!私も色々と行きましたが、知っているのは駅とホテルと仕事先だけでした・・・
これは国内だけじゃなく、海外でもほとんど同じです。虚しいものでね(笑)
聖解
2006/02/15 14:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『ギャラ』 研修講師〜『浦上俊司の感謝ブログ』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる