『ハンカチがボロ雑巾のように打たれている・・・』

アニキ引退ニュースで騒がしいプロ野球界だが、日ハムの斎藤佑樹は一体どうしてしまったのだろう。
昨日のプロアマ交流戦でJX―ENEOSと戦ったが、先発の斎藤はボコボコに打たれ降板した。かつての「ハンカチ王子」は、今や「敗戦王子」である。

元々、大した速球もなく、かといって変化球がキレキレというわけでもなく、ただ‘持ってる’何かだけで勝負してきた投手だ、やはりプロでは通用しなかったか。
我慢して我慢して打たせて取るという投球術が、案外長い選手生命を維持するかと仄かな期待を寄せたが甘かった。
厳しいプロの世界だ、来シーズンは置いてくれるだろうが、そこで結果を出せなければ20代半ばの若さで戦力外通告を受け無職になる

平安の川口を思い出す。
高校生とは思えぬ完成されたピッチングフォームで伸びのある球をズバズバ投げ、鳴り物入りでオリックス入りした。
期待の高卒ルーキーはプロでほとんど結果を残せず、静かに球界を去った。
入る時はあれだけ騒がれた選手が、去る時はマスコミが見向きもしなかった。
今は女子野球のコーチをしていると聞いたが、同世代の選手の活躍を見て複雑な嫉妬心も覚えただろう。

今、斎藤の目に田中マー君や坂本勇人の姿はどのように映っているのだろうか?

ありがとうございます、感謝。一般人の人生と同じで、いつ落ちていくか分からぬプロ野球選手の人生。
ありがとうございます、感謝。プロ野球選手の人生と同じで、いつ突然開花するか分からぬ一般人の人生。
ありがとうございます、感謝。斎藤のイメージダウンに伴い、レガシィアウトバックまで魅力が失せてきた消費者心理。(あくまでも私の個人的な印象だが)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント