研修講師〜『浦上俊司の感謝ブログ』

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ホスピタリティ』

<<   作成日時 : 2006/08/07 22:34   >>

トラックバック 0 / コメント 0

いやぁ、気持ちいいなぁ〜〜〜。さすがに日本一グレードが高い一流ホテルだ。
こんなええ部屋に泊めてもろて、宿泊費はなんぼするんやろう?と考えてしまう自分の庶民感覚に苦笑だ。

ご縁があって、この高級ホテルの社員の方にキャリアデザイン研修をさせて頂く事になった。

前泊チェックインの瞬間から心地よいホスピタリティの始まりだ。
細くて小柄で色白童顔の私好みの女の子がサッサッサッと駆け寄ってきて、「チェックインで御座居ますね」と私のキャリーバックを運んでくれる。

‘し、し、しもたぁ〜、もっとええバッグ持ってきたら良かった〜’と一瞬焦ったが、彼女は気にせずニコニコと運んでくれる。いつも泊まってる東横インとえっらい違いやぁ〜。(あっ、東横インも満足してまっせ)

ルームサービスに電話をかけると、いきなり「浦上様、お電話ありがとうございます」と個人名を呼んで電話を受ける。いやぁ〜心地よいホスピタリティだ。

実はこのホテルは私の高校時代から憧れだったホテルなのだ。
高校時代に熱狂的なファンになった森村誠一さんの勤務していたホテルだし、17歳の私が感銘を受けた「人間の証明」の舞台となったホテルでもあるからだ。

一度は泊まってみたいと思っていた。
一度はジョニーヘイワードが最期に見た‘母さんがくれた古い麦藁帽子’を生で見たいと思っていた。
一度は日本一のグレードと伝統の空気を吸い込んでみたいと思っていた。

そんな高校時代の夢が25年の歳月を経て、仕事を通じて叶った。

有り難う御座居ます、感謝。‘想いは実現する’が又ひとつ証明されたこと。
有り難う御座居ます、感謝。私が泊まっている部屋から見えるストウハ。(ママぁ〜♪ドゥユリメンバぁ〜♪ジ、オストウハぁ〜♪ユ〜、ギフトゥミぃ〜♪)
有り難う御座居ます、感謝。研修態度も講師に対するホスピタリティ溢れる受講生の方々。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

『ホスピタリティ』 研修講師〜『浦上俊司の感謝ブログ』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる