研修講師〜『浦上俊司の感謝ブログ』

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ゼリア新薬研修に思う』

<<   作成日時 : 2017/08/08 20:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ゼリア新薬に勤めていた男性が、研修後に自殺したらしい。研修中に相当強い心理的負荷があって、それが原因で統合失調症を起こし、自殺に至ったとネットニュースには記されている。

その男性のご両親がゼリア新薬と研修を請け負った会社、その講師を相手どって、安全配慮義務違反や不法行為に基づく損害賠償で約1億円を求める訴えを起こされたらしい。

研修名は「意識行動改革研修」
このタイトルから想像するに、軍隊式の研修であっただろうことは容易に察しが付く。私もこの業界に身を置いて20年、研修講師の端くれだ。どんな空気のもとで、どんな講師が、どんな内容の研修をしたかは想像できる。

それを、実際にこの研修を受けた受講生の声が雄弁に物語っている。

「いつも大きな声を出す必要があり、機敏な動きを要求される」
「講師は終始、大きな声で命令口調で話す」
「バカヤローといった発言もあった」
「最終的には感極まって涙を流す受講者も出る」
「研修会場はある種異様な空間だった」
「個人的にはもう二度と受けたくない」
「途中で体調不良者が出ることもある


それにしても・・・。それにしてもだ。
いつまでこんな研修やっとんねんッ!!時代遅れも甚だしいがなッ!!
こんな前近代的な研修で、受講生に真の気付きを与えれると思っているのだろうか。こんな研修のオファーを出すクライアントもどうかと思うが、請け負う研修エージェントもどうかしている。まして「私が担当しますわ」と受けた講師はどんな思想の持ち主なのだろうか。

同じ業界に身を置く者として、本当に辛く後味の悪いニュースだった。

ありがとうございます、感謝。どんな高額ギャラを積まれても、こんな研修オファーは絶対に受けないとの信念。
ありがとうございます、感謝。気付きの研修に必要なのは‘悔し涙’や‘悲し涙’ではなく‘笑い’なのだとの信念。
ありがとうございます、感謝。この裁判がきっかけとなって、軍隊式研修が世の中から根絶されるであろう近未来。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『ゼリア新薬研修に思う』 研修講師〜『浦上俊司の感謝ブログ』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる