研修講師〜『浦上俊司の感謝ブログ』

アクセスカウンタ

zoom RSS 『受講生の量と質で引き出される講師の潜在能力』

<<   作成日時 : 2017/07/08 22:53   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

講演だと何人でも大丈夫だ。10人でも100人でも1000人でも一方通行で90分間喋り続けるだけなので、孤独なマウンドに上がり9回裏まで完投ペースで仕事をするだけだ。
しかし研修となるとグループディスカッションがあり、作成した模造紙の発表があり、受講生の答えに対し私が絡んでいくという双方向性の空間を作らねばならない。実際に受講生も、講義を聞く時より自分の意見を言っている時の方がイキイキしている

そんな中、先日の四日間合宿研修(初日8:30〜21:00、二日目8:30〜17:00、これを2クール)は8人の受講生だった。上記の内容を実施するので少なくとも20人くらいは欲しい。反対に50人を越えると進行しにくいが8人だと何をやってもすぐ終わる。その分、一人一人と向き合う必要性が出てくる。よく事務局さんから言われるのは、「今回は受講生が多いのでお疲れになると思いますが・・・」と気遣われるが、実際やる側からすれば少人数の方が疲れるのだ。

この8人全員が‘本気の本気の熱いヤル気’で研修に挑んでくれれば、こちらも触発されて講師としての潜在能力全開となるのだが、そうではない受講生が一人でも混じると少人数ゆえ全体の空気に影響してくる。(これが20人くらい居れば、本気の受講生に掻き消されて大した影響力はないのだが)
この商売を始めて20数年、研修後にグッタリと体の芯に澱のような疲労感が残るランキング第二位の研修だった。(第一位はJR東日本の労働組合研修)

ありがとうございます、感謝。69歳現役引退のゴールまで様々な研修の経験値が積み上げられる今。
ありがとうございます、感謝。カウントダウン16年で講師としての完成形を目指す日々。(最高の品質に仕上がった時点で引退だ。どの業界でも一番いい時に惜しまれて引退が美しい)
ありがとうございます、感謝。前日の反動なのか翌日はベストな人数でベストな盛り上がりを見せた千葉県館山市。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『受講生の量と質で引き出される講師の潜在能力』 研修講師〜『浦上俊司の感謝ブログ』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる