研修講師〜『浦上俊司の感謝ブログ』

アクセスカウンタ

zoom RSS 『アニメのヒーローだった稀勢の里』

<<   作成日時 : 2017/03/26 18:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

漫画のような奇跡が現実となった。
日馬富士に負けた時点で、あの痛がりようは翌日休場は勿論のこと、貴乃花のように1年間休場もあり得ると察した。素人目に見ても、あの青アザの出来方は筋挫傷に違いないと思う。

ところが強行出場してきた。
そして予想通り、あっけなく鶴竜に完敗した。更に照ノ富士が、立ち合い変化で琴奨菊の大関復帰の夢を砕いた。これで完璧なる「ベビーフェイス vs ヒール」の構図が完成した。

そして今日の二番だ。
相撲の神様は何十年も待たせた日本人横綱の最強応援団になったのか、我々好角家の泣けるツボをよ〜く心得ていらっしゃるようだ。

ありがとうございます、感謝。‘痛みに耐えてよく頑張った!感動した!’と全国で叫ぶ声が聞こえてきた今日の18時。
ありがとうございます、感謝。1月に予感した通り、不敗神話第一章をスタートさせた稀勢の里。
ありがとうございます、感謝。最高のシナリオのため、見事にヒールを演じきった照ノ富士。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

『アニメのヒーローだった稀勢の里』 研修講師〜『浦上俊司の感謝ブログ』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる