研修講師〜『浦上俊司の感謝ブログ』

アクセスカウンタ

zoom RSS 『他尊自信』

<<   作成日時 : 2013/08/12 07:08   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

猛暑の中、高校野球の熱戦が繰り広げられているが、監督さんの表情を観察していると面白い。実に様々なタイプがいらっしゃるのだ。
一貫して無表情を貫く監督、ピンチになってもニコニコして温かく見守る監督、ミスに対しては厳しく檄を飛ばす監督、まるで監督の人柄や生き方や人生観さえも浮き彫りになるベンチでの表情だ。

そんな中、先日一回戦で散った奈良代表の桜井高校。
感心した。天晴れだ。こんな高校野球を初めて観た。虎キチである自分の応援ぶりが少々恥ずかしくなった。

‘他尊自信’

これが桜井高校野球部の信念だそうだ。
この信念が如実に表れるのは、チームが得点チャンスを迎えた時である。ベンチで一切騒がない。喜ばない。
そして、ヒットを打って加点した。それでもベンチには全く笑顔がない。全員が冷静な無表情で座っている。
つまり他尊の精神から、相手も必死で勝ちたいと思っているので、自チームの加点で大喜びしては失礼にあたると躾けられているようなのだ。

更に、相手チームに守りのミスが出て、ランナーが生きた。その時に桜井高校のベンチが映ったが、全員静まり返っていた。ミスをした高校側のベンチが映ったのかと錯覚するほどだった。
ここも他尊の精神から、ミスをした相手のプレーを手放しで喜んでは無礼であると躾けられているようなのだ。

敗戦後、グランドに深々と土下座して去っていった桜井ナインの姿は、「野球とは、まさに人格形成の場」と我々オッサンに教えてくれた気がした。

ありがとうございます、感謝。巨人の選手がミスするとバカ騒ぎして喜びまくる自らの姿を反省できた事。
ありがとうございます、感謝。将来立派な大人になって社会貢献してくれると確信させる桜井ナイン。
ありがとうございます、感謝。‘他尊’を重んじながらも‘自信’いっぱいにプレーして潔く砕け散った桜井ナイン。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『他尊自信』 研修講師〜『浦上俊司の感謝ブログ』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる