研修講師〜『浦上俊司の感謝ブログ』

アクセスカウンタ

zoom RSS 『巻末の解答を見て解く問題集』

<<   作成日時 : 2008/07/07 18:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

どうも反応がイメージ通りではない。
いつものように、受講生の‘次は何をやるんだろう?’との興味津々の表情がゲットできない。

昨日懸念した‘反動’がこれなのか?
いや違う。私の中の研修に対する‘熱いマグマ’のようなモチベーションは一切枯れていない。

しかし、どうも肩透かしのような感覚が今日の午前中はずっと続くのだ。
高田延彦のように渾身のローキックを相手の内腿にブチ込むのだが、膝に力が入らず抜けるような感覚。
藤川球児のように渾身の火の玉ストレートを矢野のミットに投げ込むのだが、指先がボールの縫い目に掛からず抜けるような感覚。

何故だ?何故、受講生のワクワク感が得られないのだ?
分からないまま昼休憩になった。
講師控え室で豪華な弁当を戴いたが、午後からの立て直しにばかり気が行く。
孤独なマウンドは闘い抜くしかなく、‘逃げる’というワードは私の中にはあり得ない。

13時になり午後が再開した。
そしてグループワークをして頂いている最中に、ある受講生の机の上の紙がふと目に入った。

その瞬間、心臓が飛び出そうになった。
同時に午前中の引っ張りきれない空気の原因が分かった。

二日間の研修プログラムの全ての実施内容が事前配布されていたのだ。
つまり受講生は、次に何をやるのかを全て知っている状態で座っていらっしゃったのだ。

私の研修はライブである。
会場の空気に合わせて、突然のプログラム変更などしょっちゅうある。
だから受講生にはテーマしかお知らせしない
次に何が飛び出すか分からない期待感が、受講生の中の興味関心を喚起させるからだ。

しかし事前配布されていたプログラムには、タイムスケジュールが落とし込みポイント入りで丁寧に全て記載されていた。
これはあくまでも私が展開イメージを立てる時に書いた、いわば‘講師用虎の巻’である。

だから受講生はまるで、解答を見ながら問題集を解いているようなものだ
期待感が出てこないのは当然だった。しかし今さら回収も出来ない。

主催者の方に聞いてみた。
「あのぅ〜、この紙は全員に配られているんですよね・・・」
すると主催者の方は、「はい、公開研修は参加者を募集する際に、事前にある程度の内容をお知らせしますので」とお答え下さった。

明らかに私のミスである。
しまった。やってしまった。
やっちまったなぁ〜、である。

主催者の方が仰るとおり、公開研修は事前内容をお見せするのが当然だろう。
それを私が事前に気付いて、‘大まかな研修内容だけを記載した案内文’を募集用としてお渡しすれば良かった。
まさか、講師用の展開案がそのまま受講生に手渡されるとは予期していなかった。

2000本を越える研修をしてきたが、まだまだ気付かない事が私には沢山ある。
大きな反省を得た一日目の研修だった。


ありがとうございます、感謝。明日二日目の内容もモロバレだが、その中でどこまで出来るかと燃え上がるチャレンジ精神の発露。
ありがとうございます、感謝。運転に慣れてきた頃に車で事故するごとく、仕事に慣れ過ぎてはいけないとの戒めを得れた事。
ありがとうございます、感謝。ネタが先に分かっても後半は反応して下さった受講生の方々。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
先日あれして頂いたなかいちゃんです。
お疲れ様です。
いやぁ〜、先生の研修はほんま自分の人生に大きなプラスになりましたし、なによりあの場にいれて幸せでした。ありがとうございました。
自分も先生のような、まんまるいオーラが出せるよう日々感謝していきたいと思います。
それにしても、あれですね、いい年して四角い恵比須顔のさえき専務。あの人もオーラがまるかった。
自分もそっちのチームに行けるよう頑張ります。ありがとうございました。
なかいちゃん。
2008/07/07 23:24
いやいや、これは事務局としては言語道断でしょう。配布資料も全て講師に確認べきだと思うんですが。
安達
2008/07/07 23:30
 配布資料とは別に、脱線して脱線を面白がって、進めていくそんな講演が今まで印象に残っていました。 ねらいはモチロンその中にばら撒かれている。 そして、その人なりがとっても素敵! 配布物は関係なしに進めていくのも面白いかも? 私の場合は人物チェックから入ります。
りょう
2008/07/07 23:58
なかいちゃん、コメントありがとうございます。

恵比須顔の専務は人格が滲み出ている素敵なお顔でしたね。
仁鶴師匠を彷彿とさせる‘大御所オーラ’のある方でした。どんなんかなぁ〜、どんなんかなぁ〜。

さて私の事も‘まんまるいオーラ’と評してくださいますが、あの研修の翌々日、散髪屋でいつもの0.1ミリに剃り上げてますので、今はもっと‘まんまるい’です(笑)。

ありがとうございます。
浦上俊司
2008/07/08 06:35
安達さん、コメントありがとうございます。

確かに、その一面もありますが、やはり「咎(とが)は自らにあり」(全ての原因は自分にある)だと思うので反省です。

これからは、ウェブ上での告知内容から配布資料に至るまで、全て事前にチェックする学びを得ましたので感謝です。
何でも‘人任せ’にしてはいかんなと・・・。

ありがとうございます。

浦上俊司
2008/07/08 06:41
りょうさん、コメントありがとうございます。

なるほど、そういう視点で楽しんで下さっている受講生の方もいらっしゃるのですね、救われます。

確かに、りょうさんが言われるとおり、「何を喋ってる」かよりも「誰が喋ってる」かという‘人物チェック’に重きがあるのでしょうね。

ますます精進して、今日の二日目も頑張ってきます。

ありがとうございます。
浦上俊司
2008/07/08 06:46
本日、受講した三泉 木村です
ありがとうございました、感謝。
決意表明で述べたように
「感謝の心」をいつも持つよう
心がけてゆきます。
ありがとうございました。
本日の受講生
2008/07/08 19:44
木村さん、コメントありがとうございます。

感謝道は万能です。
仕事もプライベートも充実させるために一日千回は唱えてみて下さいね。

共々精進して参りましょう。
ありがとうございます。
浦上俊司
2008/07/08 19:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
『巻末の解答を見て解く問題集』 研修講師〜『浦上俊司の感謝ブログ』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる