研修講師〜『浦上俊司の感謝ブログ』

アクセスカウンタ

zoom RSS 『時は必ず進む』

<<   作成日時 : 2007/07/14 22:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

研修中にふと自分が吐く言葉で、自分が動機付けられる事がある。
普段の自分では思い付かないような言霊が、私の口をついて飛び出す事がある。

あれは一体どこから来るのだろう?
潜在意識から湧き上がるのか、はたまた天から何かが降りてくるのか、私の守護霊が言わしめているのか。

「甘ったれ営業マンに喝ッ!特訓合宿研修」
内容については先のブログに記したが、受講生にとっては受けたくない厳しい研修内容だ。
しかし経営層や営業幹部層は、自分の部下を送り込みたい魅惑的な研修内容だ。

この商売を長くやらせて頂いているお陰で、受講生の気持ちが研修中に‘声なき声’として私の耳に届くことがある。いや、心に届くことがある。

厳しい個人宅訪販の実践を台風4号の雨の中、飛び込むのだから辛いものだ。
蒸し暑さと雨の不快指数レッドゾーンの中で、全く土地勘のない都内を売り歩く。
たとえ1000円のお茶でも簡単には売れない。理不尽な断られ方が続く。自分の無力さに気付く。やがて心の中に虚しさが襲ってくる。
そして自分の内側に‘消極の言い訳’が蔓延し、飛び込むモチベーションが下がってくるのだ。

そんな受講生の‘声なき声’が届いた時、私は言った。
「時間は絶対に立ち止まることなく経過します。積極的に動いても、消極的にサボっても、必ず時間は等しく経過します」と。

それに続いて私が言った思考方法が、普段は意識してなかったが自然とやっていたのだろう、こんな考え方だ。

人は誰しもやりたくない事がある。嫌な予定もある。
もちろん楽しい予定もあるが、生きていく限り、稼いでいかねばならん限り、辛い予定も抱えなければならない。
結論から言えば、楽しい予定は視点を今に、辛い予定は視点を終了時点に設定する事である。

受講生にお伝えしたのは、「視点を終了時間の17時に設定する事」である。
必ず17時は来る。必死でやっても、サボっても、等しく17時は全員の身に訪れる。
なにも一生涯、お茶の飛び込み訪販をやるわけではない。
長い人生の中の、ホンの一瞬の数時間だけやるにすぎない。
そして終わりは来る。必ず終了時間が来る。
17時に視点を設定すれば、今この時をガムシャラに過ごせるのではないか。

辛い予定はこのように自分の中で処理すればよい。

ありがとうございます、感謝。無意識にやっていたセルフマネジメント法が口をついてタイムリーに出てくれた事。
ありがとうございます、感謝。研修中、厳しく詰めても真正面から受け止めてくれた受講生の方々。
ありがとうございます、感謝。台風4号直撃にもかかわらず姫路まで無事に運んでくれた新幹線。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『時は必ず進む』 研修講師〜『浦上俊司の感謝ブログ』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる