研修講師〜『浦上俊司の感謝ブログ』

アクセスカウンタ

zoom RSS 『損と得と徳』

<<   作成日時 : 2006/04/26 08:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

‘損と得とあらば損の道を行くこと’。
私の大切なお客様の経営理念の一説だ。

この会社の朝礼の素晴らしさは、多くの企業を見てきた私にとって充分3本の指に入る厳粛さと崇高さを有している。

大声で一日の目標数字を叫び、コミットメントさせる営業会社の朝礼もあった。
全員で社歌を高らかに歌い、社員の気持ちを一つにする製造会社の朝礼もあった。
行動指針を早口で唱和することで、あるべき姿に社員のベクトルを向けさせるコンサルティング会社の朝礼もあった。

しかし私はこのお客様の朝礼が一番好きだ。
朝から凛とした心を作ってくれる。
だから研修開始前の朝礼から参加させて頂くのが大変楽しみなのだ。この二日間、朝礼で私の心が洗われた気がする。

そしてこの経営理念。
全文にわたり、創業時から現在にまで連綿と受け継がれた社会貢献に対する渾身の思想が今に蘇る一文字一文字なのだ。
中でも冒頭の一説は、私のような凡夫には実践困難な勇気を伴う選択だ。しかし、これを実践し続ける事こそが、実は本当の幸福につながる近道なのだと創業者は言いたかったのではないかと察する。

この世の幸福を掴むパスポートは、その人に備わった‘徳’の力だ。
‘徳’のある人は、何かやりたいと思った時にやりたいことが不思議にできる。
できるための経済力と環境と協力者を有している。

損と得とあらば損の道を行けば‘徳’が備わり、損と得とあらば得の道を行けば‘業’を残すことになるのだろう。
平たく言えば、
「損の道=利他のための実践=徳積み」。
「得の道=自分のためだけのエゴの実践=業を残す」。
と、こんな方程式があるように感じるのだ。

宇宙空間に存在する原因と結果の方程式は誠に厳としたものである。

ありがとうございます、感謝。今回の受講生の感動的なほどレベルの高かった参加姿勢。
ありがとうございます、感謝。経営理念が身体中のDNAにブチ込まれていた今回の受講生。
ありがとうございます、感謝。まだまだ私には出来ないが、目指したい損の道。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『損と得と徳』 研修講師〜『浦上俊司の感謝ブログ』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる